狭小地に一戸建、限られたスペースを広く見せる方法

一戸建てを建てる場合、土地の広さによって家の設計が変わってきます。郊外に広い土地を持っていれば、好きなように一戸建てを建てることも可能ですが、都会に住んでいればなかなかそれは叶うものではありません。もし広い土地を取得してそこに一戸建てを建てるとなれば、かなりの資金が必要となります。ほとんどの人は限られたスペースの中で一戸建てを建てることになります。その時に重要なのは、いかに心地よい住環境を手に入れるかです。それには設計が非常に大切になります。限られた土地の中で開放的な一戸建てを建てるためには、中庭、土間、スキップフロア、吹き抜け、トップライトや窓の活用などが重要になってくるのです。中庭や土間というのは今までは内部空間に活用されてきたのですが、外との繋がりを持たせることによって、開放感を演出することができるのです。また狭小地の場合、建築規制の厳しいところがたくさんあります。特に一階部分に光が入りずらい場合があります。そのような場合には一階と二階を逆にする逆転プランがおすすめです。キッチンやダイニングなどを一階ではなく二階に設置するのです。その際に半階ごとにずれるスキップフロアを導入することによって、建築規制をかわすことができ、無駄な空間をなくすこともできるのです。このように半階ずつずらせることによって視点がずれ、広がり感が出せるわけです。また屋根の形をそのまま内部空間に活かせば、大きな吹き抜けの空間ができて、とても開放的になります。狭小地に一戸建てを建てる場合、ぜひともこのスキップフロアの設計を取り入れることをおすすめします。また、開放感をつくりだすには、外と内をつなぐ窓の配置が重要になります。窓から入る光は、四季の太陽の高度に応じて変化が楽しめるような配置が必要です。窓というのは、光と風はもちろん、敷地条件と間取りを照らし合わせて、窓の大きさやガラスの種類や開閉方法を考えて開放感を出すようにしてください。

Copyright ©All rights reserved.新築一戸建て 住宅に住むことが一番 .