新築一戸建て 住宅に住むことが一番

わたしは生まれてから大学に入学するまでは実家の一戸建てに住んでいました。田舎の瓦ぶきの古い家でしたが広くて当時は分かりませんでしたが素晴らしい一戸建ての家でした。阪神大震災を機にいたんだ瓦やいくつかリフォームしたところもありますが今も健在です。一戸建てとしても広すぎる感じはありますが今は父親と母親が2人で住んでいます。わたしとしては今、39歳。いつかは家内ともこの実家を建てかえて住みたいと考えています。と言っても今も自動車で1時間程度のところに住んでいますが仕事に通うにはちょっと遠い感じもあります。最終的には定年するまでここに住むことは出来ないのではないでしょうか。それまでは賃貸マンション暮らしが続くと感じています。子供たちも賃貸マンションしか知らないので一戸建ての広々とした感覚。そして庭があっていろいろこまごまとした緑があること、そしていくら大きな声を出しても迷惑をかけない立地など本当に気に入っているようです。今から家内と話している気の早いリフォーム話をしたいと思います。あくまでも理想でお金や他の諸条件が整うかどうかが大きな問題になりますが。まずはお風呂は大きくしたいです。今も十分に大きいのですがとにかくゆったりとしたお風呂で一戸建てならではのお風呂がいいです。冷暖房などもあると年を重ねると便利です。そして、次に何と言ってもリビングです。これも一戸建てならではのとにかく広いリビングを作りたいです。田舎で寒いので床暖房を入れてみんなで過ごせる場所として日当たりも良くしたいです。その隣のキッチンにはIH調理機がいくつか並んでいて、水回りは細心。埋め込み式の食器洗い機などもほしいです。ここまで家内とわたしの共通の要望。そしてここからはわたしの要望です。自分の部屋がほしいのです。50インチ以上のテレビ、光回線の無線LAN環境、ホームシアターシステム。ここまであれば、じっくり老後の20年間を楽しむことができます。

伊勢住宅では、南大阪(堺市・高石市・泉大津市・和泉市・泉南市)を中心に分譲住宅・自由設計の新築一戸建て・リフォーム・土地活用を信頼の住まいづくりをモットーにご提供いたしております。 堺 新築一戸建ては伊勢住宅へ 2079

マンションや整備された住宅地に住むメリット

住まいを設ける際には、どこの地域に住むかということが重要になってくるもので、治安や利便性を重視して、犯罪発生件数が少ない地域や周辺環境に駅やスーパーがある地域を選ぶ人もいることでしょう。 そんな中、マンションのような集合住宅や一戸建てが集まっている住宅地に住むことを考えるのも良いものです。 マンションの場合、同じ物件であれば賃料にあまり差がない場合がありますから、同じぐらい経済レベルの人が住んでいることが多くなり、変に格差を感じることなく生活ができるものです。 また、一戸建てが集まる住宅地の場合も、一つの会社で管理して開発をした住宅地であれば、それぞれの家の価格が同じぐらいになりますから、やはり同じぐらいの経済レベルの人と一緒にその街で生活していくことになります。 お互い子供がいたり、同じような仕事をしているなど、境遇も似ていたら、さらに親近感が湧いて、人間関係も築いていきやすいものです。 なお、こういった住宅地の土地が空いていて、家を建てることを考えた場合には、すでにその住宅地で生活している人の視点から状況を把握できると参考になるものですが、土地を管理している会社の人が間に入って協力してくれることがありますから、色々と相談してみると良いでしょう。

Copyright ©All rights reserved.新築一戸建て 住宅に住むことが一番 .